We are an organization with olive expertise that provides necessary support for your life with olives.

About us 日本オリーヴ研究所とは

オリーヴを通じて健康的な日々を過ごし、毎日の食卓を美味しく豊かにし、オリーヴの緑豊かな美しい街で暮らしませんか。私達日本オリーヴ研究所がサポート致します。

READ MORE

Story 経緯

私達はオリーヴの栽培、生産を専門とする技術者を複数名擁し、日本の土壌と気候に合致したオリーヴ栽培・製品化をサポートしております。

READ MORE

Business Contents 事業内容

  • Import 輸入販売

    消費者の方々にとって理解し易く且つ『普段使い』が可能な商品をご提供しております。

    READ MORE
  • Analysis 品質検査

    弊社を通じEUの検査機関
    (IOC認定)でのエクストラバージンオリーヴオイルの品質検査が可能です。

    READ MORE
  • Development 商品開発

    お客様のお好みの製品作りや
    地域の特産物に合う製品を
    独自開発致します。

    READ MORE
  • Production オリーヴ生産

    オリーヴ苗木植樹
    栽培・搾油・製品化を
    サポート致します。

    READ MORE

READ MORE

Professionals 専門家のご紹介

日本オリーヴ研究所では各分野での専門家が在籍しており、
品質の管理やセミナーの開催をしております。
専門家の詳しい情報・セミナー情報は以下よりご確認ください。

  • Mauro Marranci マウロ・マランチ
  • Marco Pampaloni マルコ・パンパローニ
  • Michiyo Yamada 山田 美知世
  • Matteo Pampaloni マッテオ・パンパローニ

READ MORE

Blog ブログ

  • イタリア・トスカーナ産EVO”GIAJU”(ジャユ)

    イタリア・トスカーナ産EVO”GIAJU”(ジャユ)のご紹介です。(画像左) コレッジョーロ種(50%)、モライオーロ種(50%)、2種のブレンドです。 『香り』:上品でフレッシュな強い香り。青りんご、アーティチョーク、ミント、セージ、ルッコラなどの多様なエッセンスにより、上質な香りを作り出しています。その中でも草の香りが長時間持続します。 『味』:まろやかでバランス、味が良く、洗練されたオイルです。かすかな苦味の後、ほんのりとした辛味が口の中を包みます。 草のような味と、顕著にフレッシュなオリーヴ、青リンゴやアーティチョーク、セージの味も感じられます。 『後味』:はっきりとしていて強く、洗練された後味。『特長』:トスカーナ産らしいオイルで、バランスが良く、美味。豊満な香りや味、新鮮さが結びつき、このオイルを完成させています。『マリアージュ』(料理との組合わせ):・アーリオオーリオスパゲッティ・イカのグリル・魚のグリル・インゲン豆とムール貝の煮込み・マグロのカルパッチョ・トマトとバジルのサラダ・アーティチョークのサラダ等 *酸度:0.21% *ポリフェノール値:626mg/kg ( 一般的なEVOに含まれるポリフェノール含量数値の3倍以上)250ml 1本 価格¥2,300(消費税込み)送料別 送料は1本~3本迄は同一料金、4本~6本迄は同一料金となります。 ご希望の方は別途メールにてご依頼下さい。 楽天市場にも出店してますので是非ご覧ください。 https://item.rakuten.co.jp/nipponoliveinstitution/10000001/

  • レッチーノの生育

    昨年5月に植樹したレッチーノ種、1年半でここまで成長しました。 苗木はイタリアトスカーナ州より輸入、約3カ月養生した後に植樹。 気象条件と土壌に恵まれ、何より生産者の方の熱心な栽培管理のおかげで 順調に生育を続けています。

  • テーブルオリーブ用レッチーノ

    レッチーノ種は環境順応性が高く、隔年結果も出にくく、オイル及びテーブルオリーブ用として利用できる、 多くの国々で栽培されている代表的なオリーブの品種です。 オイル用に利用されるケースが多いですが、テーブルオリーブ用としても利用出来ます。 テーブルオリーブ用として利用する為、熟して真っ黒になる頃に収穫します。収穫後はあく抜きを行い 主にブラックオリーブとして食卓に並びます。

Contact Us

日本オリーヴ研究所へのお問い合わせは
こちらからお気軽にご連絡ください。

ページTOPへ